entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2011/06/07 (火) 03:05

「ブラック・スワン」見ました

先々週ぎっくり腰の軽い版をやってしまい、
治った頃に喉を痛め、咳が約一週間続いたので、
やっと昨日、自然治癒を諦め咳止め飲んで寝たら、
今日はちょっと調子が良い私です。

会社辞めてから体の衰えが見えてますね^^;

そんな中、先週ゲホゲホしながら映画「ブラック・スワン」を見に行きました。
お供は2年前に「トランスフォーマー」を一緒に見たNさん。


「ブラック・スワン」、ナタリー・ポートマン主演のサイコメトリー映画。R15。

見終わった感想は

凄い!素晴らしい!

見た場所が映画祭会場だと絶対「ブラボー!」と叫びながら立って拍手してる!

この役でナタリー・ポートマンは主演女優賞をとってますが、
それは当然の事だと思えた程です。


(以下ネタばれあります)


ナタリー演じるバレリーナ、ニナの心理描写を通して話が進むのですが、
それがバレエ舞台「白鳥の湖」とむちゃんこ合ってます。

ニナは母子家庭で育ち、
元バレリーナの母が抱いていたプリマドンナになる夢を引き継ぐように育てられます。
そんな過保護で一心な愛情を受けたニナ、
所属しているバレエ団で新しい演目「白鳥の湖」のプリマドンナに選ばれます。
「白鳥の湖」の主役のクイーン・スワンは、
清楚で従順なホワイト・スワンと、悪魔に身を売る情熱的でセクシーなブラック/スワンの
真逆な2役をやることになるのですが、
ニナは真面目にバレエだけの生活を送っていたので、
ブラックを踊れる程、官能的で魅了するダンスが踊れないのです。
そこで現れる、自由奔放でセクシーなダンサー、リリー。
前回までのプリマで引退させられるダンサー、ベス。

リリーに主役を奪われるかもしれない焦燥感、
引退が決まったのはニナのせいだと思い、
自ら車に轢かれ重傷になりダンサー生命が途絶えたベスが見せるダンサー最期の行く末、
それに母親の過保護な愛情。

この3人でニナの精神が崩れ、
自傷、妄想、幻想などがニナを追いつめていくのですが、
これがホント素晴らしく描かれていました。

トップアスリートで活躍している方は、
きっとこんな感じで日々プレッシャーとストレスを感じているんだなとも思いました。

公演初日、ニナが最初のホワイトを踊った後、
リリーが「次のブラックは私が踊るわ」と楽屋で準備していたのを見て、
カッとなりもみくちゃになるのですが、
その時割れた鏡でニナはリリーの腹部を思い切り刺してしまうのです。
ニナは慌ててリリーをバスルームに隠し、
ブラックの衣装、メイクに取りかかり舞台に立ちます。
リリーを刺してしまった悪の心が、ニナをブラック・スワンにしてしまいます。
このダンスの生き生きとした表現、見ているこっちがドキドキしました。
セクシーで男性を虜にしてしまうセクシーな悪魔のスワン。
両腕に黒羽が生えてくるCG描写も最高!

場が変わり、最期のホワイトに戻るため楽屋に戻ったニナ。
楽屋は散乱していて、バスルームの扉の向こうから血があふれ
先程の争いが現実だったと思った瞬間ドアのノックが!
慌てて血をバスタオルで覆い、そっとドアを開けると

何と、リリーが!!

「あなたの今の演技最高だったわ!
私たちどこかですれ違って誤解があるみたいだけれど
私、あなたの事素晴らしいと心から思うわ!最後まで頑張って!」

と感動した旨を笑顔でわざわざ伝えに来たのです。

ドアを閉め、おそるおそるバスルームのドアを開けたニナ。

そこには何もありませんでした。

ホッとしたニナ、瞬間腹部に違和感が!
触ってみるとガラスの破片が!

そう!先程ニナが刺したのは自分自身!

見てた私も「そんなオチが!」と衝撃を受けました。

それでもニナは舞台に立ち、最終見せ場、ホワイト・スワンが自殺する場面。
観客を見渡すとニナの母親が泣きながら舞台を見ている姿を目撃!
ニナはかすかに笑顔を残し飛び降ります。
幕が引き、ニナの元へ走り寄るメンバーと監督。
しかし、ニナの衣装は赤く染まり、ニナも意識もうろう。
そんなニナが最後に言った言葉

「最高よ!」



もうね、いろんな幻覚に惑わされながらも最後まで踊ったニナの
プロ根性が素晴らしいわ!

他、
ニナの精神異常と白鳥の湖がとてもマッチしてる。
女だらけのバレエ団にいる有能な女たらしの監督も、
ニナの感情を乱すよいスパイスになってる。
前半から中盤のストーリーがスローな分、
公演前日から初日公演の間にショッキングな出来事が多いので
その見せ場がとても鮮明に記憶に残る演出。
思えばその見せ場の為に前半は布石だらけで
見終わった後に
「だからあのシーンが必要だったのか」と納得だらけ。


ほんと素晴らしい映画でした。
多分私が見た今までの映画の中で一番素晴らしい映画かもしれません。
グロい部分も多少出てきますが、平気な人にはぜひオススメします。




いやー、映画ってほんと素晴らしいですね。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://roger777.blog97.fc2.com/tb.php/205-0ad6096e

side menu

プロフィール

☆ロジャー☆

Author:☆ロジャー☆
30代爆走中ですww

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

【ハンゲーム】

あなたの今日の運勢は?

side menu

CALENDAR

10 * 2017/11 * 12

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリー

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

フリーエリア

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。